借地権とは何か

当サイトでは、土地や建物の運用に深く関わる、借地権と賃借権について紹介します。借地権とは、他人の土地を借りて、その土地に自分が所持する建物を建てられる権利を言います。借りる側のことを借地権者と言い、貸す側のことを借地権設定者や底地人と言います。地主には、土地を借りている人から、補償として毎月地代が払われます。借地権はいくつかあり、土地の賃借権、地上権がよくある借地権とされています。

借地権の良い点は、固定資産税、都市計画税を要さないことです。土地の権利を取得するより安く、借地権付き建物として借地権の権利を売り渡すことも可能です。とはいえ、建物は自分のものでも、その下にある土地は貸している人のものです。地代の発生や建物賃貸借契約や借地借家法において、地主との間に色々な制限が起きることも考えられます。例を挙げると、増改築や名義変更により手数料が生じたり、売却や譲渡には地主の同意が必要なことなどがあります。また、売却の際に、権利も土地を借りる権利だけなので、不動産価値が減少することもあります。

現在ある借地権には2種類あり、旧法借地権と、平成4年8月に作られた新法借地権があります。旧借地権では、借地権側を擁護する傾向が強かったため、双方に配慮するために新法が作られましたが、今でも旧借地権における契約が多く、旧法と新法が共存する事態になっています。それは、はじめに旧借地権で契約したものは、更新するにしても自然と新法に変更になることはないからです。なお新法には、一般定期借地権、事業用定期借地権、建物譲渡特約付借地権などもあります。