借地権の種類について

大まかに分類すれば、旧借地法と、平成4年8月に適用された借地借家法があります。旧借地法においては借りた側の権利が強く、土地の返却が難航するなど、地主側に不利な状況がありました。新たな借地借家法において、借り入れる期間を設定した定期借地権もあります。

平成4年8月以前から土地を借りている場合は、旧借地法を適用します。契約期限は決まっていますが、更新することで長期に亘って借りることが可能です。木造では、存続期間は30年(最低20年)で、更新後の期間は20年となっています。鉄骨造、鉄筋コンクリートは60年(最低30年)で、更新後の期間は30年となっています

平成4年8月以降に借りた場合は、借地借家法が適用されます。旧借地法と普通借地権の違いは、造りで存続期間が違うことです。借地借家法は5つの種類があります。普通借地権は、契約期限が決まっているが更新することで長期に亘って借りることが可能です。定期借地権は、契約期間は50年以上で更新はなく、契約が済んだら更地にして返還します。事業用定期借地権は、契約期間は10年以上50年未満です。契約が済んだら更地にして返還します。建物譲渡特約付借地権は、契約から地主に建物を妥当な金額で買い取る仕組みがあります。一時使用目的の借地権は、プレハブ倉庫などで一時的に土地を借ります。借地権の付いている家を持っていたり、相続するケースには契約期間を覚えておくと良いでしょう。