賃借権について

賃借権とは、賃貸借契約により手に入る借主の権利のことです。借主は契約の枠内で、目的物を活用して利益を得ることができます。しかし、貸主に賃料を払う必要があります。賃借権は民法において債権とされるため、登記をしないと第三者に対して効力がありません。それは、賃貸人に登記をする必要がないからです。例を挙げると、目的物が譲渡されると新たなる所有者は賃借権に縛られません。また、賃貸人の同意なしに賃借権の譲渡、転貸はできません。同意なしに無関係の人間に活用、利益をあげさせた場合は、賃貸人は契約を取り消すことができます。このように、物権と比較して法的有効性は弱くなります。

ところが、不動産の賃借権は生活の柱なので、賃借人の救済を理由として、不動産の賃借権について特段の配慮が規定されています。これは、賃借権の物権化となります。端的に言えば、対抗力について、借地に対してはその上の建物の保存登記、借家に対しては占有の移転によって条件が揃いました。また、譲渡、転貸の同意について、借地に対しては建物買取請求権を持たせ、さらに、裁判所による承諾に代わる譲渡などの許可の制度を作り、借家に対しては造作買取請求権があります。

≪参照サイト≫賃借権とは・・・借地権 無料ドットコム